Home > Search Results

Search Results

  • Search: 債権
スポンサーサイト - Posted date: -------- --:--:--
請負における担保責任など(記述式) - Posted date: 2012-09-17 16:38:00
  • 請負における担保責任です。【問題 難易度:標準】AはBから「鉄筋コンクリート造の建物を建ててくれ」と言われ、その仕事を請け負った。そして、Aは建物を完成させ、Bに引き渡した。ここまではよかったのだが、ちょうど半年後に建物の重大な瑕疵により、かなり傾いた。こういった場合は、BはAに対して、どんな担保責任を請求できるのでしょうか。40字程度で記述して下さい。...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 40字記述式
  • Tag: 民法 記述式 債権 請負 担保責任
民法 債権10 相殺 - Posted date: 2012-09-06 10:58:00
  • 相殺に関する次の記述で正しいものはいくつありますか。ア.自働債権が時効で消滅した場合、その債権が消滅以前に相殺適状にあったときでも相殺できない。イ.不法行為に基づく損害賠償請求権を自働債権として相殺することはできない。ウ.AはBに100万円の債権を有していて、BはAに200万円の債権を有している。この場合、AがBに対して相殺を仕掛けるときは、Aの債権は弁済期に達している必要があるけど、Bの債権は弁済期に...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 民法(債権)の問題演習
  • Tag: 民法 債権 相殺
民法 債権9 連帯債務 - Posted date: 2012-09-01 11:48:00
  • 連帯債務に関する次の記述で正しいものはどれですか。1.Aと未成年者BがCに対して、連帯債務を負担している。Bは債務負担行為が制限行為能力者であることを理由に取消された場合、Aの債務も成立しないことになる。2.ABがCに対して連帯債務を負担している。Aが弁済したら、Bに対して負担部分に応じた償還を請求できるし、弁済日以降の法定利息も請求できる。3.ABCDEがFに対して連帯債務を負担している。ABC...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 民法(債権)の問題演習
  • Tag: 民法 債権 連帯債務 保証債務 連帯保証
民法 債権8 不法行為 - Posted date: 2012-08-30 09:40:00
  • 不法行為に関する次の記述で正しいものはどれですか。1.従業員Aは、背任行為により自分が勤めるB社に損害を与えた。B社は、Aの不法行為による損害賠償請求権を自動債権として、AのBに対する賃金債権を受動債権として相殺することができる。2.Aの親であるBがCに襲われ負傷した場合、AがBのために治療費を負担しても、自己の名でCに損害賠償請求をすることはできない。3.A社の社員であるBは、勤務終了後にスーツ...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 民法(債権)の問題演習
  • Tag: 民法 債権 不法行為
民法 債権7 同時履行の抗弁権 - Posted date: 2012-08-29 18:08:00
  • 同時履行の抗弁権に関する次の記述で正しいものはどれですか。1.建物賃貸借契約締結時に敷金を差し入れていた場合は、賃借人は契約終了後、敷金の返還を受けるまでは、同時履行の抗弁権を主張して、建物の明渡し拒むことができる。2.AはBからB所有の甲土地を賃借していて、甲土地に乙建物を建てて居住している。借地権が期間満了し、Aが建物買取請求権を行使した場合、Aの土地明渡しとBの代金支払いは同時履行の関係に立...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 民法(債権)の問題演習
  • Tag: 民法 債権 同時履行の抗弁権
民法 債権6 解除など - Posted date: 2012-08-25 12:02:00
  • 解除について次の記述で正しいものはどれですか。1.Aは自己所有の自転車をBに売却する契約を結んだが、履行期前に落雷により自転車が焼失したとき、Bは契約を解除できる。2.AはB大学に合格し在学契約を結んだ。B大学の入学手続き要項等に「入学式を無断欠席した場合、入学を辞退したものとみなす。」と記載があった。それにもかかわらず、Aは無断欠席をした。この場合、判例ではAはB大学に入学を辞退したもの(黙示の...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 民法(債権)の問題演習
  • Tag: 民法 債権 解除
民法 債権5 請負など - Posted date: 2012-08-23 17:16:00
  • 特約のない請負に関する次の記述で正しいものはどれですか。1.注文者と請負人が材料を半分ずつ提供した場合、完成した目的物の所有権は当然ながら注文者に帰属する。2.仕事の目的物に瑕疵がある場合(瑕疵が重要でない場合でない場合)は、注文者は請負人に対して、瑕疵の修補を請求することはできるが、瑕疵の修補と損害賠償の同時請求は許されない。3.Aは自己所有の土地に建物を建てようと思い、建物の建築の請負契約をB...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 民法(債権)の問題演習
  • Tag: 民法 債権 請負
民法 債権4 賃貸借など - Posted date: 2012-08-22 11:20:00
  • 賃貸借に関する次の記述で正しいものはどれですか。1.賃借人は自然災害(たとえば落雷)により賃借物の一部が滅失した場合であっても、賃貸人には関係のないことなので、残念ながら賃料減額請求はできない。2.賃貸借契約が転貸人の債務不履行によって契約が解除された場合、賃貸人の承諾のある転貸借は、原則賃貸人が転借人に対して目的物の返還を請求した時に、転貸人の転借人に対する債務の履行不能により終了する。3.賃借...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 民法(債権)の問題演習
  • Tag: 民法 債権 賃貸借

Index of all entries

Home > Search Results

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。