Home > Search Results

Search Results

  • Search: 総則
スポンサーサイト - Posted date: -------- --:--:--
民法 総則4 代理など - Posted date: 2012-07-27 11:10:00
  • 代理について次の記述のうち誤っているものはいくつありますか。1.Aの無権代理人であるBがCに対してA所有の土地を売却する契約を結んだ。Aが追認した場合は、BがCと契約した時点から効力が生じる。2.AとBは長期間におよぶ実質的な生活をしていた。AはBの意思に基づかないで婚姻届を作成して提出した。その後もAとBは夫婦として実質的な生活を送っていた。判例では「Bには届出意思がないのだから婚姻届は無効であ...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 民法(総則)の問題演習
  • Tag: 民法 総則 代理 無権代理 表見代理
民法 総則3 時効など - Posted date: 2012-07-25 15:32:00
  • 時効について次の記述のうち、正しいものはどれですか。1.法定代理人がいない未成年者AがBに対して有する債権の消滅時効は、Aが未成年である間は完成しない。2.AがBに対して有している期限の定めのない債権の消滅時効は、AがBに履行の請求をした時(BがAから履行の請求を受けた時)から進行する。3.AとBは売買契約を結びました。その売買契約書に『私は時効の利益を放棄する』と記載したとしても、法的には有効で...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 民法(総則)の問題演習
  • Tag: 民法 総則 時効
民法 総則2 制限行為能力者など - Posted date: 2012-07-18 16:18:00
  • 制限行為能力者に関する次の記述のうち、正しいものはいくつありますか。1.18歳である保佐人AがBと婚姻した場合は、被保佐人としての制限行為能力がなくなる。2.18歳であるAは、Bに「僕の所有している甲建物を君(A)に贈与する代わりに、建物の一部は僕に使用する契約でどうだ?」と言われた場合は、Aは自身の親権者であるCの同意は必要ない。3.成年被後見人又は被保佐人が相手方に行為能力者である旨誤信させるため...
  • Posted by: 行政書士受験応援
  • Category: 民法(総則)の問題演習
  • Tag: 民法 総則 制限行為能力者

Index of all entries

Home > Search Results

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。