Home > 行政書士試験 Archive

行政書士試験 Archive

行政書士試験 頑張ってください。

「頑張ってください」なんて言われなくても頑張るのでしょうが、
頑張りすぎず、実力を出し切って下さい。

Continue reading

平成26年度行政書士試験 まだ間に合う!

平成26年度行政書士試験の試験日は、
11月9日(日) 午後1時から午後4時まで
あと1ヵ月半以上ありますね。

申込みさえしていれば、今からでもなんとかなります。

どれでもいいのでテキストを1冊用意します。
2014年版出る順行政書士 合格基本書 (出る順行政書士シリーズ)
2014年版うかるぞ行政書士基本テキスト (うかるぞ行政書士シリーズ)
行政書士 合格テキスト 2014年度 (行政書士 一発合格シリーズ)
2014年版らくらく行政書士講義そのまんま。 (らくらく行政書士シリーズ)

過去問題集は大事です。
2014年版うかるぞ行政書士過去&予想問 (うかるぞ行政書士シリーズ)
平成26年版 パーフェクト行政書士 過去問題集 (パーフェクト行政書士シリーズ)

習うより慣れよ!とにかく問題を解きまくりましょう。
うかる! 行政書士 総合問題集 2014年度版

配点比率の高い記述式は最重要! 行政書士の記述式問題集
ネットで調べりゃ済みますが、行政書士六法もあると便利です。

直前模試をやってみるも…。
ただでさえやることが多いので、ここまではしなくていいかも。

Continue reading

変更があった法律を少し…。そして、記述やら何やら民法問題を解きまくろう!

平成25年度の行政書士試験は、2013年4月1日現在において施行されている法令を前提として、問題を解くことになっています。
試験まであと20日そこそこの現在、法改正の重要ポイントを出る出ないに拘わらず、いま一度確認しておくべきです。
宅建の脳みそから行政書士の脳みそへ移行しましょう!

結構いろいろ改正されているのですが、
特に重要っぽいものだけを紹介します。

地方自治法を要チェック!


・地方自治法96条(議決事件)
議決事件の範囲拡大
議決事件の追加は法定受託事務も原則可能になった。
これまで、条例で議会の議決事件として定めることができるものから、法定受託事務が除外されていたが、原則としてその対象となった。
なんでもかんでも対象となるわけではなく、法定受託事務のうち、「国の安全に関することその他の事由により議会の議決すべきものとすることが適当でないものとして政令で定めるもの」は除外されている。

・地方自治法100条(調査権・議員の派遣)
いろいろ変更なり新設なりされているので、
行政書士 試験六法 2013年度とか最新の六法書で確認しておいてください。
あと、101条、102条の2、109条、121条、…いろいろ変更されています。
自力で調べたり、奇特な方がサイトで書いてくれているのを見るという手もありますが、現実的に相当しんどいです。

この記事で、法改正の重要ポイントを「ある程度は書こうかな…」なんて思っていましたが、しんどすぎるし、間違えて書くことも否定できないし、本に丸投げします。

Continue reading

平成25年度行政書士試験について

平成25年度の行政書士試験は試験日が平成25年11月10日(日)で合格発表日が平成26年1月27日(月)の予定になっています。
念のため平成25年度試験案内で確認しておきましょう。

【試験案内・受験願書の入手方法】
窓口でもらう方法と郵送で送ってもらう方法があります。

1.窓口でもらう方法
配布場所に行き、もらうだけです。
8月5日(月)から9月6日(金)まで配布だそうです。

2.郵送で送ってもらう方法
8月5日(月)から8月30日(金)まで(必着)に、郵便で請求する。
(請求先)〒100-8779 日本郵便株式会社 銀座郵便局留
「一般財団法人行政書士試験研究センター」

郵送で送ってもらう方法について、去年詳しく書いた記事があります。
郵送で入手する方法

【受験願書受付期間】
郵送申込み
 8月5日(月)から9月6日(金)まで(当日消印有効)
インターネット申込み
 8月5日(月)午前9時から9月3日(火)午後5時まで

Continue reading

行政書士試験の合格証が2月最終週に届き始める。

平成24年度の行政書士試験に合格している人には、2月の最終週に合格証(総務大臣&知事)が届きます(まれに3月1日とかになる場合もあるらしい??)。

惜しくも合格していない人は来年の同時期に合格証が届くように勉強しましょう…ということです。

Continue reading

今年の行政書士試験に玉砕し、来年の行政書士試験に打倒を誓う人のために。

とりあえず、行政書士試験サイトを開設していますが、全然更新していません。
しかも、業者でもなんでもないし、専門家でもないし、更新したところで何のメリットもありません。。。

行政書士試験を受験する人にとって、微妙に役に立つ程度だったりします。

でも、ものすごくスローペースになると思いますが更新する予定です。

それと・・・

Continue reading

民法の記述式の1問がビンゴだったようです。

姫路(獨協大)で受けたX氏に問題を見せてもらいました。

記述の民法1問が一応、そのものズバリだった感じ。

行政法は、「A県を被告として」って間違えてしまった人が、そこそこいそうな感じ。
「B市を被告として」が正解です。
でも、減点は4点か5点でしょう。

民法 問題45(検索の抗弁権)の問題

10月30日の記事で書きました。
【問題7 難易度:標準】
Aは、Bから金銭を借り受けるに際し、CがAの保証人となった。その後、Aがなかなか債務の返済をしないことに苛立ったBが、保証人Cに対して債務の返済をするように言ってきた。
保証人Cは、債権者Bに対して、検索の抗弁権を行使したいのですが、その要件を40字程度で記述して下さい。

【解説・答え】
民法453条に関する問題です。
「検索の抗弁権」「催告の抗弁権」「分別の利益」などは、重要項目ではあるものの五肢択一で選択肢の一部として少し登場する程度だろうと油断してはいけません。

Cが、Aに弁済する資力があり、かつ、その執行が
容易であることを証明することが必要である。(44字)

今回の試験問題では、AとBが逆で、D(物上保証人)が登場していますが、実質は同じことです。

「CがBとDに…」と書かせようとしていることが丸出しです。
でも、もしそのように書いてしまったとしても、減点は5点程度と思われます。
「弁済する資力」「その執行が容易」「証明すれば、弁済を拒める」が重要かな。3つ目の「証明すれば、弁済を拒める」は問題文から明らかなので、関係ないかもしれないけど。

ただし、【要件を答えんかい!】と言っているのに「検索の抗弁権」という抽象的なワードを使ってしまったひとは、10点以上は引かれる可能性が高そうな感じ。
「検索の抗弁権」というワードを使ってしまえば、問題の意味がほぼ無くなってしまうので。

では、次に問題46(遺留分)の問題です。
これは・・・

Continue reading

勉強範囲を広げるのではなく、過去問や問題集の復習と演習に集中する。

今の時期に勉強する範囲を広げると、精神的にしんどいので、今まで勉強してきたことを復習・演習するほうがよっぽど良いです。

・過去問題集は5年分で十分です。
(理解したうえで、少なくとも9割以上正解できる実力を身につける。)

・問題集を持っているなら、その問題集をする。
(理解したうえで、少なくとも9割以上正解できる実力を身につける。)

・模試とかを受けた人なら、それもする。
(理解したうえで、少なくとも9割以上正解できる実力を身につける。)

・一般知識は、みんなの検定で“一般知識”と検索すれば出てくるので、一応それをやっておいて下さい。
(政治と情報は簡単なので、どんな問題が出ても正解できるようにしておく。あと、文章理解は2問は正解しておきたいところ。)

・六法(平成24年対応版 行政書士受験六法行政書士試験六法〈2012年度版〉2012年版 行政書士新六法など)は、重要条文は絶対に読んで理解しておく。

記述は・・・

Continue reading

Index of all entries

Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A
Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A

関孫六 2000CL 三徳 165mm AE-5129
関孫六 2000CL 三徳 165mm AE-5129

GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004

Home > 行政書士試験 Archive

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ