Home > 2012年07月

2012年07月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

行政手続法の重要部分を覚える(3回目)

前回の記事で行政手続法の31条までは一通り学習できましたか。

*****ここから*****

行政書士六法(平成24年対応版 行政書士受験六法国家試験合格のための行政書士六法〈2012年版〉行政書士試験六法〈2012年度版〉2012年版 行政書士新六法 (QP books)等)とテキストを用意して下さい。

行政手続法32~36条に行政指導について書かれています。

行政指導は「行政機関がその任務又は所掌事務の範囲内において一定の行政目的を実現するため特定の者に一定の作為又は不作為を求める指導、勧告、助言その他の行為であって処分に該当しないもの。」です。
行政指導は、指導、勧告、助言などによって行政目的の実現を図ろうとするものです。処分ではないので、強制力(法的拘束力)がなく、指導される側(国民)の任意の協力で達成されます。

行政指導は、必ずしも法律の根拠を必要としません

▼重要▼
よく問題として出るのは、「行政指導は、相手方に強制力を用いて服従させる法的拘束力を有している」とか「相手方が行政指導に従わない時は、不利益な取り扱いをしてもいい」とか「行政指導の相手方に必ず書面で示さなければならない」とか「行政指導は必ず法律の根拠を必要とする」とか… ウソ選択肢のパターンが大体決まっています。

「行政指導に従わない場合は、不利益な取り扱いをしてはいけない」のですが、「行政指導に従った相手方に対して、助成をするなどの相手にとって利益になる取り扱いはしてもいい」ので、こういうのが今後出題される可能性はありますので、覚えておいて下さい。
▲重要▲

届出(37条)と意見公募手続等(38~45条)と補則(46条)は、面倒な問題が出ることはまずないので、「条文読み・過去問演習・練習問題を少し解く」程度の勉強でOKです。

これで行政手続法で覚えることは終了です。

*****ここまで*****

覚えているかどうか確認のため、穴埋め問題を解いて下さい。

Continue reading

占有権など(記述式)

出題される可能性は低いかも知れないですが、物権の占有権に関する問題です。

【問題 難易度:標準】

AはB所有の腕時計を預かっていた。しかし、ルパン三世並みの実力を持つCにその腕時計を盗まれてしまった。そして、Cはその腕時計をDに売却した。
AとDとの間では、Dが「ある場合」に、AはDに対して「ある事」を請求できるのですが、それを40字程度で記述して下さい。

Continue reading

行政手続法の重要部分を覚える(2回目)

前回は行政手続法1条・3条・4条を学習しました。
今回は申請に対する処分について学習します。

*****ここから*****

行政書士六法(平成24年対応版 行政書士受験六法国家試験合格のための行政書士六法〈2012年版〉行政書士試験六法〈2012年度版〉2012年版 行政書士新六法 (QP books)等)とテキストを用意して下さい。

処分を学習する前に2条(定義)をみておきましょう。

処分…行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為。

申請…法令に基づき、行政庁の許可、認可、免許その他の自己に対して何らかの利益を付与する処分(許認可等)を求める行為であって、当該行為に対して行政庁が諾否の応答をすべきもの

不利益処分、行政指導、届出、…、全部覚えて下さい。
「申請拒否処分は不利益処分に該当しないんだな」「行政指導は特定の者に対して行うんだな」とか、重要部分満載です。

注意しておきたいのが、申請でも例えば「補助金の交付申請で法律に基づかない申請であれば、行政手続法の対象外となることもある」のです。法令に基づいている必要があります

まず、ここまでを目を閉じ、頭の中で何度も思い浮かべて下さい。

次に、5条(審査基準)を見て下さい。

「行政庁は審査基準を定めるとき、許認可等の性質に照らしてできる限り具体的なものにしなければいけなく、行政上特別の支障がある時を除き、それを公にしなければならない」というようなことが書かれています。

注意点としては、「絶対に(例外なく)公にしなければいけない」のではなく「例外として、行政上特別の支障があれば公にしないことも許されるのだ」ということを忘れないで下さい。

試験で申請に対する処分に関して「努力義務」「義務(法定義務)」なのかを問う問題が出たりするので、一気に覚えちゃいましょう。

義務
・審査基準の設定(5条)
・審査の開始(7条)
・理由の提示(8条)

努力義務
・標準処理期間の設定(6条)
・情報の提供(9条)
・公聴会の開催(10条)
・複数行政庁の審査促進(11条)

覚えにくい場合は「義務」を覚えるのをオススメします。「審査基準が設定されてないと公正さに欠ける」「審査開始してくれないとツライ」「理由ぐらい教えてくれ」でも何でもいいので、自分なりに考えて覚えて下さい。それ以外は努力義務。

条文をよく読んで下さい。例えば、7条だと「申請の形式上の要件に適合しない申請がされたら速やかに申請者に相当の期間を定めて補正を求めたり、拒否したりしなければならない」とか。
拒否って酷い感じがしますが、拒否されることで申請者は何らかの対応(要件に適合させる申請の作成)をすることが望めるので、別に酷くないです。

とにかく条文を読んで覚えて下さい。

*****ここまで*****

次は行政手続法の最重要項目(?)かもしれない「不利益処分」を学習しましょう。

Continue reading

行政手続法の重要部分を覚える(1回目)

このカテゴリでは、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、地方自治法のことを書いていく予定です。

行政組織、行政行為、行政強制・行政罰、情報公開制度(行政法で出るのか一般知識で出るのか不明)、損害賠償・損失補償は覚えにくい部分ではないので省きました。

1日の勉強として覚えるべき部分を以下のように区切ります。
*****ここから*****

覚えるべき内容

*****ここまで*****

1日で覚えるべき知識量はとても少ないので確実に覚えて下さい。

では、行政手続法から早速始めましょう!

Continue reading

行政法の勉強方法は全体像を捉えてから少しずつ…。

憲法、民法、商法は一気に勉強できると思うのですが、行政法会社法は全体像を捉えてから少しずつ覚えていくのが楽な方法だと考えます。

憲法、民法、商法は直接的に“その条文自体”が重要なので、それを覚えて応用なり何なりすればいいだけです。

行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法も条文自体を覚えればそれでいいのですが、それでは「似たような内容っぽいので何のこっちゃ分からん!」というゴチャゴチャ状態になってしまいがちです。
行政事件訴訟法は裁判沙汰というちょっと異質な性質のものですが、行政手続法と行政不服審査法の1条なんてのは、パッと見は「似たようなことを書いている」と感じます。(全然違うことを書いているにもかかわらず)
この3法の条文を直接覚えれば、混乱を招く恐れが多分にあります。
この3法に地方自治法を加えた4法を見ていきます。

そこで・・・

Continue reading

民法 総則4 代理など

代理について次の記述のうち誤っているものはいくつありますか。

1.Aの無権代理人であるBがCに対してA所有の土地を売却する契約を結んだ。Aが追認した場合は、BがCと契約した時点から効力が生じる。
2.AとBは長期間におよぶ実質的な生活をしていた。AはBの意思に基づかないで婚姻届を作成して提出した。その後もAとBは夫婦として実質的な生活を送っていた。判例では「Bには届出意思がないのだから婚姻届は無効である」としている。
3.妻が夫の代理人として第三者とした法律行為は、妻が夫から特に代理権を与えられておらず、かつその法律行為が日常の家事に関するものでない場合であっても、第三者においてその行為がその夫婦の日常の家事に関する法律行為に属すると信ずるにつき正当の理由があるときには、夫に対して効力を生ずる。
4.無権代理人は、相手方が無権代理人に対して民法第117条の規定によりした履行請求に対して表見代理が成立することを主張・立証して自己の責任を免れることはできない。
5.本人が無権代理人を相続した場合であっても、無権代理行為の追認を拒絶したときには、本人は無権代理人が善意無過失の相手方に対して負うべき履行又は損害賠償の債務を相続することはない。

Continue reading

民法 総則3 時効など

時効について次の記述のうち、正しいものはどれですか。

1.法定代理人がいない未成年者AがBに対して有する債権の消滅時効は、Aが未成年である間は完成しない。
2.AがBに対して有している期限の定めのない債権の消滅時効は、AがBに履行の請求をした時(BがAから履行の請求を受けた時)から進行する。
3.AとBは売買契約を結びました。その売買契約書に『私は時効の利益を放棄する』と記載したとしても、法的には有効である。
4.Aは錯誤によりBから腕時計を購入してしまった。Aが錯誤無効を主張するには、錯誤があったことを知った時から10年を経過すると行使できなくなる。
5.AがBから腕時計を割賦払いで買った。期限の利益喪失約款を付していた場合であえば、Aが1回でも代金を支払わなかったときは、残りの額の消滅時効は、不払い時から即時進行する。

Continue reading

取消訴訟など(記述式)

行政事件訴訟法の抗告訴訟で、特に取消訴訟は5肢択一問題で頻繁に出題されるので非常に重要です。そして、5肢択一だと解けるけど、記述となると途端に解けなくなる…ということにならないように対策をしておきましょう。

【問題 難易度:基礎~標準の中間レベル】
Aは行政庁に対し審査請求をした。だが、審査請求があった日から3ヶ月を経過しても裁決がない。これは審査請求前置主義(法律に当該処分についての審査請求に対する裁決を経た後でなければ処分の取消しの訴えを提起することができない旨の定めがある)である。このような場合は、Aはどういった法的手段がとれますか。
Aは、審査請求前置主義である場合でも、「・・・。」

Continue reading

契約解除など(記述式)

民法の記述式は基本的に物権と債権から出題され、出題頻度としては債権のほうが多いです。

【問題 難易度:簡単~標準レベル?】
AはBから靴を購入した。代金は契約時に全額支払った。靴は在庫がなく、引渡しは5日後となっていた。しかし、その約束の日に靴は届かず、Aはイラっとした。そこでAは考えた。契約解除できるんじゃないかと…。Aが売買契約を解除するにはどのような要件が必要でしょうか。

Continue reading

民法 親族・相続5 法定相続分など

Aは3,000万円の相続財産を残して死亡しました。相続人の相続分に関して、民法の規定に基づいて計算した場合、正しいものはいくつありますか。

1.Aには配偶者Bと子CD(どちらも嫡出子)と子E(非嫡出子)がいた場合、Eの相続分は300万円である。
2.Aには子がおらず、父母BCと配偶者Dがいた場合、Bの相続分は500万円である。
3.Aには配偶者Bと子CDがいて、Dが生前贈与として300万円受け取っていた場合、Cの相続分は825万円である。
4.Aには配偶者Bと子CDEがいて、Eには子Fがいる場合であって、Eが廃除された場合、Cの相続分は500万円である。
5.Aには配偶者Bと子CDがいて、Cには子Eが、Dには子FGがいる場合であって、Cが欠格となり、Dが相続放棄をした場合、Eの相続分は1,500万円である。

Continue reading

民法 親族・相続4 特別養子など

特別養子について次の記述のうち正しいものはどれですか。

1.AとBは夫婦です。CDは夫婦ですが、子であるEを虐待しています。ABがEを特別養子にする場合、CD夫婦の同意は必要ない。
2.AとBは夫婦です。Cは7歳です。ABはCを特別養子にすることは不可能である。
3.AとBは夫婦です。Aは男性で26歳、Bは女性で18歳である場合、Aが25歳に達しているため養親となれる条件はクリアしている。
4.AとBは夫婦です。夫婦であるCDの子Eを特別養子にするとき、AはBが養親とならない場合であっても、Aのみが養親となることはできる。
5.特別養子縁組は、実親と養親の共同請求により、家庭裁判所の審判により審判の確定時に成立する。

Continue reading

民法 親族・相続3 遺言など

遺言について次の記述のうち正しいものはどれですか。

1.被保佐人は保佐人の同意なしに、単独で遺言をすることができない。
2.遺言は、2人の者であれば同一の証書ですることができる。
3.公正証書による遺言については、家庭裁判所による検認手続が必要ない。
4.遺言執行者が就職を承諾したときは、遅延なくその任務を行わなければならない。
5.公正証書によって行われた遺言は、公正証書によらなければ取消すことができない。

Continue reading

行政手続法の適用除外など(記述式)

行政手続法は択一式問題としても重要ですが、記述式で出題される可能性も結構高そうな気がします。

【問題 難易度:易しい】
行政手続法では、地方公共団体の機関が行う処分について、適用の対象となる場合と適用除外となる場合があります。これは地方自治の尊重の観点からそういうことになっています。
行政手続法は地方公共団体の機関が行う処分が、どういった場合が適用され、どういった場合が地方自治尊重のため適用除外となるのですか。

Continue reading

民法 親族・相続2 親子など

親子について次の記述のうち正しいものはどれですか。

1.AとBは婚姻している。Bが子Cを生んで、Aが嫡出を承認した場合であっても、Aは嫡出避妊の訴えを提起できる。
2.AとBは婚姻している。妻であるBは嫡出否認の訴えを提起できる。
3.AとBは内縁関係(10年同棲していたとする)が成立する状態を経由して、婚姻をしました。Bが内縁中に懐胎し、婚姻成立10日後に生まれた子はAとBの嫡出子である。
4.嫡出否認の訴えは、夫が子の出生を知ったときから二年以内に提起しなければならない。
5.認知は遺言によって、することはできない。

Continue reading

民法 親族・相続1 婚姻など

婚姻について次の記述のうち正しいものはどれですか。

1.Aは50歳の男性で、Bは16歳の女性です。AとBは婚姻(いわゆる歳の差婚)をしたいのですが、Bの父は同意しているもののBの母は同意していない。この場合、AとBは婚姻することができない。
2.男性であるAは叔母であるBと結婚したが、その後Aが亡くなった場合は、検察官は取消しの請求ができる。
3.男性であるAと女性であるBは婚姻しているのですが、Aの生死が2年半経っても分からないときは、離婚の訴えを提訴できる。
4.離婚の日から3か月以内に戸籍法上の届を出すことによって、婚姻中の氏を称することができる。
5.男性であるAと女性であるBは婚姻していたが、Aの不倫により離婚した。そして、AはBの妹である美女Cと交際を始めたのですが、残念ながらAとCは婚姻できない。

Continue reading

民法 総則2 制限行為能力者など

制限行為能力者に関する次の記述のうち、正しいものはいくつありますか。

1.18歳である保佐人AがBと婚姻した場合は、被保佐人としての制限行為能力がなくなる。
2.18歳であるAは、Bに「僕の所有している甲建物を君(A)に贈与する代わりに、建物の一部は僕に使用する契約でどうだ?」と言われた場合は、Aは自身の親権者であるCの同意は必要ない。
3.成年被後見人又は被保佐人が相手方に行為能力者である旨誤信させるため詐術を用いた場合、成年後見人は、成年被後見人の行為を取り消すことができるが、保佐人は、被保佐人の行為を取り消すことができない。
4.成年被後見人は、成年後見人の同意を得てした行為も取り消すことができるが、被保佐人が、保佐人の同意を得てした行為を取り消すこができない。
5.成年被後見人は、成年後見人が追認した行為も取り消すことができるが、被保佐人は保佐人が追認した行為を取り消すことができない。

Continue reading

民法 物権3 即時取得など

即時取得に関する次の記述のうち、民法や判例の趣旨に照らし正しいものはどれですか。
1.AはB所有の土地に生えているアジサイを自己の土地だと誤信し(善意無過失)、そのアジサイを採取し占有した場合は即時取得によりアジサイの所有権を取得する。
2.Aは強制競売により絵画を買い受けたが、その絵画が執行債務者の物でなかった場合は、即時取得とならないので絵画の所有権を取得できない。
3.占有の取得が簡易の引渡しによる場合には、即時取得は認められない。
4.所有者でない者が伐採した立木をその者から譲り受けた場合には、即時取得は認められない。
5.制限行為能力者である所有者から動産を譲り受けた場合には、即時取得は認められない。

Continue reading

民法 物権2 留置権など

留置権について次の記述で、正しいものの組み合わせはどれでしょうか。

ア.留置権者は、保存に必要な使用をする場合は、債務者の承諾なしに使用することはできない。
イ.買主が10,000円のデジカメに対して8,000円しか支払ってくれない場合は、売主は2,000円分しか留置できない。
ウ.留置権は、目的物を占有していなければ成立せず、目的物の占有を失うと消滅する。
エ.留置権者は、被担保債権の全部の弁済を受けるまで目的物を留置することができる。
オ.留置権は、留置物の滅失によって債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても、行使することができる。

1.ア・イ  2.ア・イ・ウ  3.ア・ウ・エ
4.ウ・エ  5.ウ・オ

Continue reading

民法 物権1 質権など

AがBに対する債務の担保として腕時計を質入れしようとしている。民法や判例の趣旨に照らし、正しいものはいくつありますか。

1.Bが占有改定による腕時計の引渡しを受けただけでは、質権設定の効力は生じない。
2.Bが質権設定を受けた後、駅に置き忘れ、Cがこれを拾得した場合、BはCに対して、質権に基づき腕時計の返還請求をすることができる。
3.2の場合で、腕時計の裏にAの名前が書かれていたとして、Cがそれを見てAの元に腕時計を届けたときは、Bは、Aに対して、質権に基づき腕時計の返還請求をすることができる。
4.問題文の話とは関係ないですが、不動産質権者は、その質物の固定資産税を負担することとなる。

質権とか苦手な人が多そうな気がする・・・

Continue reading

民法 総則1 制限行為能力者や詐欺など

この時期(7月中盤)になってくると、一通りテキストの学習を終えて過去問題とかに取り組んでいる人も多いと思います。
まだ、勉強すら始めていない人も少なからずいると思います。2ヶ月か3ヶ月ぐらいあれば、合格には間に合いますが、なるべく早く始めた方が楽です。

半分ぐらいの受験生はテキストを終えてそうなので、民法の問題演習をしまくりましょう。
行政書士試験は、行政法民法がメチャクチャ大事です。
なにしろ、民法は択一9問(36点)で記述2問(40点)の合計76点と全体の約25%なわけですから…。

「民法はかなりしんどい」と感じてヤル気が失せてしまっている人も多いでしょうが、このブログで紹介する重要問題ぐらいは覚えておいて下さい。

今回は初回なんで、○×問題です。

問1.被保佐人が時効完成前に債務を承認する場合は保佐人の同意が必要ないが、時効完成後に債務を承認する場合は保佐人の同意が必要である。

問2.AはBの詐欺によって、自己の保有する腕時計の売買契約(売る契約)を結んだが、その後になって詐欺の事実を知った。何ら異議をとどめずにBに売買代金を請求した場合は、Aは詐欺を理由とする取消しができない。

問3.法定代理人がいない未成年の有する債権について、消滅時効は完成しない。

Continue reading

通謀虚偽表示の第三者など(記述式)

記述式問題は考えさせる問題が多いですが、「そのものズバリ!」を記述させる問題が出ることもあります。
例えば…

以下に引用する消防法29条1項による消防吏員・消防団員の活動(「破壊消防」と呼ばれることがある)は、行政法学上のある行為形式(行為類型)に属するものと解されている。その行為形式とは、どのような名称で呼ばれ、どのような内容のものと説明されているか。40字程度で記述しなさい。(H23-44)

これは、「即時強制」をそのまま答えさせる問題です。

ということで、「そのものズバリ!」問題をどうぞ。

【問題 難易度:易しい】

通謀虚偽表示(民法94条2項)の第三者とは、どのような者かを40字程度で記述して下さい。

第三者とは、「…」を有するに至った者です。

Continue reading

行政書士試験はどのぐらいの点を狙うのか。

300点を狙わないで何を狙えって言うんだ!

そりゃ、そうなんですけど。

行政書士試験に300点で合格しようと、
180点台(足切りクリア)で合格しようと、
試験自体の結果に関して言えば、
満点合格もギリギリ合格も同じ合格
ですから、どっちも同じです。

「200点近辺で合格できればそれでいい」です。
7割~8割ぐらい取れる勉強をしておけばいい。
ですが・・・

Continue reading

弁済による代位の効果など(記述式)

40字記述問題は基本的に厄介な問題は出ないのですが、過去に結構面倒な問題も出ていますので、見ておきましょう。

【問題 難易度:結構難しい】
Aは、Bから金銭を借り受けたが、その際、A所有の甲土地に抵当権が設定されて、その旨の登記が経由され、また、Cが連帯保証人となった。その後、CはBに対してAの債務の全部を弁済し、Cの同弁済後に、甲土地はAからDに譲渡された。この場合において、Cは、Dを相手にして、どのような権利の確保のために、どのような手続を経たうえで、どのような権利を行使することができるか。40字程度で記述しなさい。(H22-45)

Continue reading

行政書士の一般知識 情報通信に関する問題

一般知識の情報通信に関する問題は基本問題が出る。

平成23年
 「インターネット用語」
平成22年
 「プロバイダ制限責任法」「インターネット用語」
平成21年
 「インターネット利用問題」「情報通信の諸法律」「デジタル化」

情報処理系の資格のような勉強していないと“解くのが厳しい”問題ではなく、基本的な問題がよく出ます。

情報通信に関する次の記述を○×で判定して下さい。

1.ユビキタス社会は人々がいつでもどこでもコンピュータネットワークにアクセスできる社会のことです。パソコンだけでなく、携帯端末やいろんなものによるアクセスが想定される。

2.行政手続きを電子申請するためには、申請書とともに電子署名とそれを確認するためのパスワードを送信することになっている。

3.電子証明書は電子申請を送る際に、その申請が送信者本人によってなされたものであることを証明するために作成されるものです。

4.ノンストップサービスとは、行政手続の電子化により、1年中24時間休みなく行政手続を受けられるサービスです。

Continue reading

行政書士の一般知識 経済・社会に関する問題

「一般知識の経済・社会で出題されるの問題とは一体何だろう」と考えてみると、概ね以下のようなものなんじゃないかと思います。

【経済】
市場経済
 ⇒経済の基本的なことなど。
国民所得系の知識
 ⇒GDPとかDIなど。
景気物価関係
 ⇒コンドラチェフの波、スタグフレーションなど。
租税
 ⇒所得税、法人税、…、国債など。
予算・財政関係
 ⇒国の予算や地方の予算など。
金融・国際経済
 ⇒日銀や為替動向など。

【社会】
環境問題
 ⇒国際機関や条約、歴史的な流れなど。
雇用関係
 ⇒少子高齢化、雇用関係の法律など。
社会保障関係
 ⇒医療、年金、介護、生活保護、生活など。

直近の行政書士試験では、「金融(日銀に関する問題、H23-49)」「国際経済(貿易自由化に関する問題、H23-50)」「社会保障関係(生活保護や保険関係、H23-51)」「生活(日本の土地、H23-52)」が出題されました。

「経済・社会」は4問ぐらい出題されるんじゃないかと思いますので、結構重要です。

Advance行政書士〈4〉一般知識〈2012年度版〉
国家総合職教養試験 過去問500[2013年度版]

経済・社会全般に関する次の記述を○×で判定して下さい。

1.日本銀行は銀行の銀行だし、政府の銀行です。日本銀行が市中銀行に貸し出す際の金利を政策金利と呼びます。政府の銀行と言われるのは、国庫金の出納事務、国債関連事務、外国為替関連事務などのような中央政府の出納経理に関する事務を行っているからです。あ、そうそう。日本銀行は財務省所管の日本銀行法に基づく認可法人ですね。日本銀行券って、金による価値の裏づけがない不換紙幣なんですけど、政府の信用を基礎としていて安定して流通していますね。

2.円高が厳しい昨今、為替介入が行われることもありますね。為替介入というのは、財務大臣が円相場の安定を実現するために用いる手段として位置付けられています。つまり、為替介入は財務大臣の権限において実施されるということですね。日本銀行は、その際に財務大臣の代理人として、財務大臣の指示に基づいて為替介入の実務を遂行しているのであって、日銀が勝手に暴走して介入をやっているわけじゃありません。

3.国内総生産(GDP : Gross Domestic Product)とは、国内の生産活動による商品・サービスの産出額から原材料などの中間投入額を控除した付加価値の総額のことなんですけど、内閣府が推計・発表します。2001年の省庁再編以前は経済企画庁が推計・発表していました。

4.EU(欧州連合)のすべての加盟国に共通通貨ユーロが導入されているわけではない。ギリシャとかヤバイ状況になっているユーロ危機ですが、実はEUでは各国に一定の財政基準を求めています。その基準によると、財政赤字はGDP比3%以内、債務残高はGDP比60%以内とされています。現実的には、EU加盟国のほとんどは基準を満たしていない状態が続きっぱなしですけど…。

5.テレビ報道された記者会見にて「むちゃくちゃ甘い考えだったと反省している。申し訳ございません」と述べて謝罪した河本準一氏(次長課長)の件などで、「生活保護制度(生活保護法)」が注目されました。もし、河本氏(高額所得者とする)と母親が同一世帯で暮らしていたとしても、母親が生活困窮状態なのであるから、当然に保護の対象となる。

Continue reading

行政書士の一般知識 各国の政治制度に関する問題

各国の政治体制に関する次の記述を○×で判定して下さい。

1.アメリカでは、大統領制がとられ、大統領と議会は権力分立の原則が貫かれているため、議会は大統領の不信任を議決することができないし、大統領は議会の解散権、法案の提出権、議会が可決した法案の拒否権のいずれも有していない。

2.ロシアでは、1990年代前半に成立した新憲法において三権分立制がとられているが、大統領に首相の任命権が付与されており、連邦議会は連邦会議と国家会議の二院制となっている。

3.フランスは大統領と首相が両方存在するため、欧米諸国の中で最も分権的な政治システムとなっている。大統領と首相の所属政党が異なることもあり、これをコアビタシオンという。

4.アメリカの議会には上院と下院があるが、上院には予算先議権が、下院には条約批准権や公務員任命同意権がある。

5.イギリスでは議院内閣制がとられており、閣僚全員が国会議員でなければならず、上院には内閣不信任決議を行う権限が付与されている。

Continue reading

行政書士の一般知識 選挙制度に関する問題

選挙制度に関する問題は簡単なので出ればラッキーです。

選挙制度に関する次の記述を○×で判定して下さい。

1.小選挙区制の特徴は一般に大政党に有利に、小政党に不利に作用し、二大政党制を促進するが、死票が多くなり、政党の得票率と議席率の間に大きな差が出ることが多いという問題点がある。

2.小選挙区制は、政治が安定しやすいという長所がある半面、小政党の議席獲得が難しく、死票が多いという問題点が指摘されている。

3.小選挙区制は選挙費用が少なくてすむ反面、選挙区を少数党に有利に設定する「ゲリマンダー」が行われやすい。

4.一つの選挙区から複数名当選できる制度である大選挙区制は、小党分立となり政治が不安定になることもある。

5.比例代表性の特徴は、各政党の得票率と議席率との一致率(比例度)が最も高く、民意を政治に反映しやすいところにあるが、議会制民主主義を支持しない小さな政党が議席を獲得した場合には政治的緊張を引き起こす可能性もある。

6.比例代表制は、有権者の意思を正確に反映できるという長所がある半面、小党分立になり、政治が不安定になりやすいという問題点が指摘されている。

7.比例代表制は民意を政治に反映しやすいので、ヨーロッパ諸国でこの方式で選挙を実施している国も結構ある。

8.衆議院議員選挙では、小選挙区比例代表並立制がとられ、重複立候補制が認められているが、小選挙区での得票順位と当落が逆転するなどの事例がでてきたために、重複立候補の場合に、小選挙区で供託金没収点未満の得票だった候補者が比例代表で当選となる「復活当選」は認められなくなった。

9.衆議院議員選挙では、小選挙区比例代表並立制がとられ、重複立候補が認められているが、小選挙区での得票順位と当落が逆転するなどの問題点があったため、重複立候補の場合の比例区での当選の要件を厳しくした。

10.参議院議員選挙では、都道府県を単位とする選挙区選挙と比例代表制選挙がとられており、比例代表選挙においては、政党名の得票数に従って各政党の議席数を配分したあとで、選挙前に各政党があらかじめ届け出た名簿の順番に基づいて当選者を決定していく方式となっている。

11.参議院議員選挙では、都道府県を単位とする選挙区選挙と比例代表制選挙がとられており、比例代表制選挙では各政党の投票数によって議席数を決め、各政党が作成した名簿上の順位によって当選者を決め、各政党が作成した名簿上の順位によって当選者を決めることとされている。

12.最高裁判所は、選挙区間の議員1人当たりの有権者数に3倍を超える格差があった1990年衆議院議員選挙について、憲法に定める「法の下の平等」に反して憲法違反であるとし、一部選挙区の選挙を無効であるとした。

13.最高裁判所は、一票の価値について最大4倍以上の格差があった衆議院議員選挙について、憲法の法の下の平等に反して検う違反であるとし、一部選挙区の選挙を無効とした。

14.マスメディアによるアナウンスメント効果とは選挙報道によって有権者の投票行動が変化することですが、不利とされた人に同情票が集まるのを「アンダードッグ効果」という。

Continue reading

双務契約の同時履行の抗弁権など(記述式)

双務契約とは、売買契約、賃貸借契約、・・・などいろいろありますね。双務契約について、知識的に不安な方は問題を解く前に【契約や契約以外の債権について学習する。】を読んでから解いて下さい。

【問題 難易度:易しい】

野田ソーリ(A):売主
小沢イチロー(B):買主

AはBと7月5日に宝石の売買契約を締結した。その時点では宝石の受け渡しと代金の支払いはされていない。1週間後に行うことを約束した。

BがAを履行遅滞としたい場合、Bはどの時期に何をすればいいですか?

Continue reading

契約や契約以外の債権について学習する。

  • Posted by: 行政書士受験応援
  • 2012-07-05 Thu 15:18:00
  • 債権
契約といってもいろんなものがありますね。
スーパーでの買い物(売買契約)、携帯電話の契約、マンションの賃貸契約、…といった感じで、この世の中は契約で溢れかえっております。

契約
まずは、双務契約と片務契約を覚えましょう。

双務契約
当事者の双方が互いに債権と債務の両方をもつ契約です。
分かりづらいので、具体例を書きます。

コンビニでパンを買うとき、
あなたは代金を払う義務(債務)があります。
同時にパンを受け取る権利(債権)もあります。
コンビニ側はパンを渡す義務(債務)と
代金を受け取る権利(債権)があります。
当事者の双方(あなたとコンビニ)が互いに債権と債務を持っています。
これが双務契約です。

双務契約には、売買契約、賃貸借契約、雇用契約、請負契約、有償の寄託、有償の委任などがあるので覚えておきましょう。

同時履行の抗弁権
抗弁権の意味は前回の債権の記事で書きましたが、「請求権の行使に対して,その作用を阻止しうる効力をもつ私法上の権利」のことです。しっかりと覚えておきましょう。
同時履行の抗弁権とは、双務契約の当事者の一方は、相手方がその債務の履行を提供するまでは、自己の債務の履行を拒むことができる権利です。

さっきの具体例の場合だと…
あなたは代金を払い、パンを受けとる(コンビニ側がパンを引き渡す)。
つまり、同時履行です。

もし、あなたが代金を支払わない間はコンビニ側は
パンを引き渡すことを拒むことができます。
逆に、コンビニ側がパンを引き渡すまでは
あなたは代金の支払いを拒むことができます。
これが同時履行の抗弁権です。

(同時履行の抗弁)
第533条
双務契約の当事者の一方は、相手方がその債務の履行を提供するまでは、自己の債務の履行を拒むことができる。ただし、相手方の債務が弁済期にないときは、この限りでない

当たり前に行われていることを難しく書いているだけの事です。

片務契約
当事者の一方だけが相手方に対して債務を負っている契約です。
分かりづらいので、具体例を書きます。

あなた(贈与者)が小沢イチローに4億円を贈与するとき、
あなたは小沢(受贈者)にカネを引き渡す義務があります。
でも、小沢側とすれば何の義務もありません。
これが片務契約です。

片務契約には贈与契約、使用貸借、消費貸借、無償の寄託、無償の委託などがあるので覚えておきましょう。

さて……売買契約などを見ていきましょう。

Continue reading

試験まであと4ヶ月強しかないのではなく、あと4ヶ月以上もある。

試験まで、あと4ヶ月強しかない。

ヤバイ・・・ですか?

いえいえ、全然ヤバくありません。
「試験まで4ヶ月強しかない」のではなく、
「試験まで4ヶ月以上もある」のです。
まだ全くと言っていいほど勉強していなかったり、
テキストすら用意していない状態でも充分間に合います。

でも、なるべく早くから勉強した方がいいです。
1ヶ月の短期間では、相当しんどくなると思うので、
できれば3ヶ月以上の期間、集中して勉強すれば合格はできます。

Continue reading

Index of all entries

Home > 2012年07月

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。