Home > スポンサー広告 > かゆい所に手が届く行政法 その2

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/115-e27db6a1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > スポンサー広告 > かゆい所に手が届く行政法 その2

Home > 行政法の練習問題 > かゆい所に手が届く行政法 その2

かゆい所に手が届く行政法 その2

スポンサードリンク

今回は行政不服審査法です。
4択問題を5問解いてみて下さい。

「ヤフーみんなの検定」で作ってみました。
2問目の問題「正しいものはどれ?」


Q1.正しいものはいくつ?
1.行政不服申立てにおいては、法律問題にとどまらず、公益問題をも審理対象とするが、行政事件訴訟にあっては、原則として法律問題のみを審理対象とする。
2.行政不服審査法は、「行政庁の違法な処分その他公権力な公権力の行使に当たる行為」に限り不服申立ての道を開いている。
3.行政不服審査法にいう「処分」には、公権力の行使に当たる事実上の行為も含まれるが、その内容が一時的性質を有するものに限られる。
4.行政不服審査法に基づく不服申立ては、行政庁の処分の他、同法が列挙する一定の行政指導についても行うことができる。
答え:一つ
解説:1 ○ 行審法は不当か妥当かも対象。
2 × それ以外でも不服申立てできます。不当な行為とか。
3 × 事実上の行為で継続的性質を有するもの。
4 × 行政指導には不服申立てができません。


Q2.正しいものはどれ?
1.異議申立てとは、行政庁の処分又は不作為について、処分をした行政庁又は不作為に係る行政庁以外の行政庁に対してする不服申立てをいう。
2.不服申立ては、違法または不当な行政処分によって直接に自己の権利利益を侵害された者だけが提起することができるものであり、他人に対する処分によって不利益を被った場合には提起することができないとされている。
3.不作為については、審査請求及び異議申立てを同時にすることも認められている。
4.審査請求および異議申立てについては、一般概括主義が採られているが、再審査請求は列記主義が採られている。
答え:4
解説:1 × 処分庁・不作為庁に行います。
2 × 不服申立ては可能です。
3 × 審査請求をするか異議申立てをするか選択できますが、同時にすることは認められていません。
4 ○ 8条を見て下さい。

スポンサードリンク


一気にマスターしましょう。

Q3.誤っているものはいくつ?
1.審査請求は、必ず書面によってしなければならない。
2.共同不服申立人のうち2人以上の総代が選任されている場合は、行政庁の通知その他の行為は、選任された総代全員に対してしなければならあい。
3.審査請求人の代理人は、本人のために、当該審査請求に関する一切の行為をすることができるが、審査請求の取下げは、いかなる場合であっても、審査請求人でなければすることができない。
4.不服申立ては、代理人によってもすることができるが、代理人がその資格を失ったときは、代理人は、書面でその旨を審査庁(処分庁又は不作為庁、再審査庁)に届け出なければならない。
答え:四つ
解説:1 × 口頭でできる場合もある。 9条
2 × 1人の総代にすればいい。 11条
3 × 特別の委任があればできる。 12条
4 × 「代理人」ではなく「不服申立人」が届け出なければなりません。 13条


Q4.誤っているものはどれ?
1.行政不服審査法14条1項の「処分があったことを知った日」とは、処分がその名あて人に個別に通知される場合には、その者が現実に知った日のことをいい、処分があったことを知り得た日というだけでは足りない。
2.審査請求は、処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内であれば、たとえ処分後1年を経過していたとしても、これをなし得る。
3.審査請求人の氏名及び年齢又は名称並びに住所は、行政不服審査法が明文で要求する審査請求書の記載事項である。
4.行政庁の処分についての審査請求は、当該処分につき異議申立てをすることができるときは、異議申立てについての決定を経た後でなければすることができない。
答え:2
解説:1 ○ 14条
2 × 処分の翌日から1年を経過すると無理。 14条
3 ○ 記載事項です。 15条
4 ○ 20条


Q5.正しいものはどれ?
1.処分庁からの弁明書の提出があったときは、審査庁は、その副本を審査請求人に送付しなければならないが、審査請求の全部を容認すべきときは、この限りでない。
2.審査請求がなされたときは、審査庁は、審査請求書の副本を処分庁に送付して、その反論書の提出を求めることができる。
3.行政不服審査法では、行政庁が教示をしなかった場合や誤った教示をした場合における救済規定が設けられているが、行政事件訴訟法にもこれと同じ規定が設けられている。
4.行政事件訴訟法には事情判決というものがあるが、行政不服審査法にはそれと似たような規定は置かれていない。
答え:1
解説:1 ○ 22条
2 × 反論書の提出は求められない。反論書の提出は、審査請求人の権利です。 23条
3 × 行政事件訴訟法には救済規定なし。
4 × 行審法40条6項を見て下さい。
行政書士試験は諦めずに勉強し理解さえすれば、初学者であろうとなんであろうと合格できます。たとえ、それが2ヶ月や3ヶ月とかの短期間であろうとも。1ヶ月ならさすがにツライけど…。

行政法の練習問題... この記事を含む前後5つの記事  にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ FC2タグ : 行政法 行政不服審査法 審査請求 異議申立て

これらの書籍が参考になります

おすすめ商品

Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A
Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW

GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/115-e27db6a1
Listed below are links to weblogs that reference
かゆい所に手が届く行政法 その2 from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > 行政法の練習問題 > かゆい所に手が届く行政法 その2

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。