Home > スポンサー広告 > 平等原則など(記述式)

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/122-97011d8c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > スポンサー広告 > 平等原則など(記述式)

Home > 40字記述式 > 平等原則など(記述式)

平等原則など(記述式)

スポンサードリンク

憲法は記述式として出ないとは思いますが、択一対策や多岐選択式対策がてら問題を解いてみましょう。

【問題 難易度:標準】
憲法の基本的人権の構成は、「基本的人権の享有」「幸福追求権」「平等原則(法の下の平等)」を前提として、「自由権」「社会権」「受益権」「参政権」があります。
「平等原則」には2つの側面があります。1つは、「特定の誰かを有利にする、又は不利にするような法律は作ることができない(華族・貴族制度は認められていない)」ということです。
では、平等原則のもう1つの側面について、40字程度で記述して下さい。

スポンサードリンク


たぶん憲法は記述で出ないけど…。

[1]法律の適用は社会的身分などに左右されず、
平等に行わなければならないということである。(42字)

よく問題となるのが、芸能人の薬物事件(再犯)です。
番組の降板やら世間やマスコミから批判されたりして、「社会的制裁を受けた」として、執行猶予のついた判決が出たりすることもあります。一般人なら実刑になった事例にもかかわらず…。
これは、平等原則(憲法14条の法の下の平等)に違反しているのではないか、などと考えさせられる部分もあります。

あと、時々話題となる「集団的自衛権」って何?

「密接な関係のある他国(同盟国とかそんな感じ)が武力攻撃を受けた場合、直接に攻撃を受けていない自国がこれを援助し、攻撃に対して共同で防衛を行う国際法上の権利」です。

日本の場合だったとしたら、アメリカがどこかに攻撃されたら、日本がやられたみたいなものとみなして、その相手にやり返す!
そういうことになります。
日本は集団的自衛権は有しているけど、実際に行使するのは憲法上許されないとされています
ちなみに、「自国がやられたら武力をもって相手にやり返す」という個別的自衛権に関しては、放棄はしていないという自衛権留保説が判例の趣旨だったりします。

たぶん、出ないので深く考えなくてもいいかも。
行政書士試験は諦めずに勉強し理解さえすれば、初学者であろうとなんであろうと合格できます。たとえ、それが2ヶ月や3ヶ月とかの短期間であろうとも。1ヶ月ならさすがにツライけど…。

40字記述式... この記事を含む前後5つの記事  にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ FC2タグ : 憲法 記述式 平等原則

これらの書籍が参考になります

おすすめ商品

Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A
Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW

GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/122-97011d8c
Listed below are links to weblogs that reference
平等原則など(記述式) from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > 40字記述式 > 平等原則など(記述式)

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。