Home > スポンサー広告 > 「憲法」の正解率の低かった問題

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/130-04fa8794
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > スポンサー広告 > 「憲法」の正解率の低かった問題

Home > 憲法の練習問題 > 「憲法」の正解率の低かった問題

「憲法」の正解率の低かった問題

スポンサードリンク

「みんなの検定」の憲法で正解率の低かった問題をピックアップしてみましたので、確認しておいて下さい。
(10月15日の記事を書いている時間現在の正解率)

問題:労働基本権に関する次の記述で妥当なものはどれですか。
(1)労働者に労働組合への加入を強制することは憲法上許されない。
(2)正当な争議行為に参加した労働組合の組合員は、その争議期間中の賃金を、使用者に対して原則として請求できない。
(3)いわゆる労働三権とは、団結権、団体交渉権、団体労働権である。
(4)団結権とは、労働者の団体が使用者と労働条件について交渉する権利の事を指す。

答え:(2) 35.34%
【解説】
強制加入は憲法上許されます。
団体労働権ではなく団体行動権(争議権)です。
団結権ではなく団体交渉権の説明です。
※(1)と答えてしまった人が43.1%います。

スポンサードリンク


問題:以下の記述で正しいものはいくつ?
1.形式的に1人1票の原則が貫かれていても、投票価値が平等であるとは限らない。
2.職種、労働能力等の面から合理的理由が認められないにもかかわらず、会社の就業規則で、定年年齢を一律に男子60歳、女子55歳に定めるのは、性別のみによる不合理な差別といえる。
3.公務員が禁錮以上の刑事罰を受けた場合には、これが公務員の職務内容にかかわるか否か、または執行猶予が付されたか否かを問わず、直ちに公務員の地位を失うとするような制度は、民間労働者との均衡を著しく失い、法の下の平等に反するものとして許されないという判例がある。
4.判例によると、参議院の議員定数を削減し、各都道府県から2名ずつ議員を選挙するには、憲法改正が必要ない。
(1)1つ  (2)2つ  (3)3つ  (4)4つ

答え:(2) 44.68%
【解説】
○ 1票の格差。 14条
○ 日産の話。 14条
× 法の下の平等に反しない。 14条
× 議員定数が不均衡だから憲法改正が必要。 14条

憲法は全体的に正解率が高かったです。
行政書士試験は諦めずに勉強し理解さえすれば、初学者であろうとなんであろうと合格できます。たとえ、それが2ヶ月や3ヶ月とかの短期間であろうとも。1ヶ月ならさすがにツライけど…。

憲法の練習問題... この記事を含む前後5つの記事  にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ FC2タグ : 憲法 勉強法

これらの書籍が参考になります

おすすめ商品

Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A
Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW

GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/130-04fa8794
Listed below are links to weblogs that reference
「憲法」の正解率の低かった問題 from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > 憲法の練習問題 > 「憲法」の正解率の低かった問題

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。