Home > スポンサー広告 > 詐欺、強迫について学習する。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/14-a45e648d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > スポンサー広告 > 詐欺、強迫について学習する。

Home > 民法総則 > 詐欺、強迫について学習する。

詐欺、強迫について学習する。

  • Posted by: 行政書士受験応援
  • 2012-05-18 Fri 10:15:00
  • 民法総則
スポンサードリンク

前回は、心裡留保・通謀虚偽表示・錯誤について書きました。
今回は、瑕疵ある意思表示である「詐欺」「強迫」について書きます。

詐欺[さぎ]
騙されて(詐欺にあって)行った意思表示は取り消すことができる。

第96条(詐欺又は強迫)
1.詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。
2.相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。
3.前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない

 民法第96条で「詐欺」「強迫」についてこのように書かれています。
 詐欺について具体例を書きます。
 Aが車を修理に出します。すると、修理業者Bが「修理代は100万円はかかりますよ。軽四の新車ぐらいだったら買えまっせ」などと嘘を言いました。(実は10万円ほどで修理できるにもかかわらず…)
 それを聞いたAは修理業者Bに車を20万円で売りました。(普通に売れば100万円以上する車です)
 Aは詐欺に引っ掛かって、不当な安値で車をBに売ってしまったのです。
 この場合、売主Aは取引を取り消すことができます

 ただし、詐欺による意思表示は善意の第三者には対抗できません
 修理業者Bが善意の第三者(AがBに騙されて車を売ったことを知らない第三者)に車を転売した場合は、元の所有者であるAはCに対して売買契約の取り消しを主張できません。

行政書士受験ブログランキングを1日1回クリックお願いします。

重要問題:詐欺による意思表示は、これを取り消すことができ、かつ当該取り消しは、当該意思表示を前提として新たに利害関係を築いた善意の第三者に対しても対抗することができる。
答え:×
解説:詐欺の取り消しは善意の第三者に対抗できません強迫の場合は対抗できるのですが、詐欺は強迫に比べると「えげつなさ」が弱いからです水城るな キミとの恋は5センチメートル 〜My Little Girl〜 [DVD]

重要問題:詐欺による売買契約が取り消された場合、売主の代金返還義務と買主の目的物返還義務とは同時履行の関係に立つ
答え:○
解説:同時履行の関係です。

強迫についても見てみましょう。

スポンサードリンク


強迫[きょうはく]
強迫されて行った意思表示は、詐欺同様、取り消すことができる。

第96条(詐欺又は強迫)
1.詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。
2.相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。
3.前二項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない

 具体例を書きます。
AがBに脅されて、Aが所有する500万円相当のレクサスをBに50万円で売ってしまった場合は、Aは売買契約を取り消すことができます。
強迫は、善意の第三者にも対抗できます

役に立ちましたら行政書士受験ブログランキングを1日1回クリックお願いします。

重要問題:強迫は他人に害悪を通知する違法な行為であるので、これによる意思表示は取り消すことができ、この取り消しは善意の第三者にも対抗できる。
答え:○
解説:強迫の場合は善意の第三者にも対抗できます。詐欺の場合は善意の第三者には対抗できません。初恋電車 [DVD]

重要問題:本人が強迫を受けて代理権を授与した場合には、代理人が強迫を受けていないときでも、本人は代理権授与行為を取り消すことができます。
答え:○
解説:取り消すことができます。心香色音 [DVD]

重要問題:甲は、乙から土地を購入し登記を済ませたが、当該土地は乙が丙から購入したものである場合において、強迫を理由として丙が乙との売買契約を取り消した時は、甲は乙に対抗することができない。
答え:○
解説:考え方としては、「丙は乙に強迫されて土地を売ってしまった」→「丙は乙との強迫による売買契約を取り消した」→「強迫なので善意の第三者に対抗できる」→「善意の第三者は甲である」→「甲は丙に対抗できない」
大体、こんな考えでいいです。物権の不動産や動産の対抗要件なども絡んできますが今のところは気にしないで下さい。PSP・やわ肌英語塾 ちょっとだけよ~(UMD-Video)

「代理」「取り消し・無効」「効力の発生(条件、期限、期間)」「時効」は必ずと言っていいほど試験に出るので、行政書士六法行政書士テキストでご確認を…。
行政書士試験は諦めずに勉強し理解さえすれば、初学者であろうとなんであろうと合格できます。たとえ、それが2ヶ月や3ヶ月とかの短期間であろうとも。1ヶ月ならさすがにツライけど…。

民法総則... この記事を含む前後5つの記事  にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ FC2タグ : 心裡留保 通謀虚偽表示 錯誤 詐欺 強迫

これらの書籍が参考になります

おすすめ商品

Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A
Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW

GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/14-a45e648d
Listed below are links to weblogs that reference
詐欺、強迫について学習する。 from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > 民法総則 > 詐欺、強迫について学習する。

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。