Home > スポンサー広告 > 場屋営業、匿名組合、物品運送等に関する問題

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/20-0391af85
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > スポンサー広告 > 場屋営業、匿名組合、物品運送等に関する問題

Home > 商法・会社法の練習問題 > 場屋営業、匿名組合、物品運送等に関する問題

場屋営業、匿名組合、物品運送等に関する問題

スポンサードリンク

場屋[じょうおく]営業、匿名組合、物品運送、仲立人[なかだちにん]、問屋[といや]、…
行政書士の本試験で出るとすれば1問でしょうが、出たら確実に得点できるようにしておきましょう。

次の記述を○×で判定して下さい。Shine(初回限定盤)

1.場屋の主人は、客から高価品の寄託を受けた場合には、客がその種類および価額を明告して寄託した時でなければ、その物品の滅失または毀損によって生じた損害を賠償する責任を負わない。

2.場屋の主人は、客より寄託を受けた物品が滅失または毀損した場合には、それが不可抗力によることを証明しない限り、損害賠償の責任を免れることができない。

3.客が携帯する物品について責任を負わない旨を告示した場合には、場屋の主人は損害賠償の責任を負うことはない。

4.匿名組合員は信用や労務を出資の目的とすることができず、金銭その他の財産のみをその出資を目的とすることができる。

5.匿名組合契約が終了したときは、営業者は匿名組合員に対してその出資の価額を返還しなければならず、出資が損失によって減少した場合には、営業者は、その減少額をてん補して匿名組合員に出資の価額を返還する義務を負う。

6.運送品の全部または一部が滅失した場合において、それが不可抗力によるものであるときは、運送人は、運送費の全額を請求することができる。

7.貨物引換証により運送品を受け取るべき者に貨物引換証を引き渡したときは、その引き渡しは、運送品の上に行使する権利の取得について、運送品の引渡しと同一の効果を有する。

8.貨幣、有価証券、その他の高価品の運送については、荷送人が運送を委託するにあたって高価品の種類および価額を明告した場合でなければ、運送人は、運送品の滅失、毀損または延着について損害賠償の責任を負わない。

9.商法上の仲立人とは、他人間の商行為について、代理または媒介をなすことを業とする者である。

10.商法上の問屋とは、自己の名をもって、他人のために物品の販売または買入をなすことを業とする者である。

スポンサードリンク


1.場屋の主人は、客から高価品の寄託を受けた場合には、客がその種類および価額を明告して寄託した時でなければ、その物品の滅失または毀損によって生じた損害を賠償する責任を負わない。
 答え:○
 解説:場屋とは「旅館、飲食店、浴場、劇場、ゲームセンター」など集客と利用を目的とする施設のことです。
貨幣、有価証券(小切手やら手形やら、商品券や図書券とかも…)、高価品などは場屋の主人に対して、種類と価額を明告して寄託しなさい!」という教訓として覚えておきましょう。商法595条を見て下さい。

2.場屋の主人は、客より寄託を受けた物品が滅失または毀損した場合には、それが不可抗力によることを証明しない限り、損害賠償の責任を免れることができない。
 答え:○
 解説:場屋の主人は不可抗力だと説明できれば損害賠償を逃れられます。不可抗力とは「外部から発生した事実で、普通に要求される注意や予防方法を講じても、損害を防止できないもの」のことです。商法594条を見て下さい。

3.客が携帯する物品について責任を負わない旨を告示した場合には、場屋の主人は損害賠償の責任を負うことはない。
 答え:×
 解説:「客が携帯する物品について責任を負わない旨を告示した場合には、場屋の主人は損害賠償の責任を負うことはない」のであれば、「場屋の主人または使用人の不注意(過失)で何かあっても損害賠償しまへんでぇ」とワケの分からんことになり、客にしてみれば「賠償しまへんと言ったでしょ!」と主人や使用人に言われ、実際に法律的に賠償してもらえないのならば、踏んだり蹴ったり…。
 商法594条3項を見て下さい。

行政書士受験ブログランキングを1日1回クリックしていただければ有難いです。

4.匿名組合員は信用や労務を出資の目的とすることができず、金銭その他の財産のみをその出資を目的とすることができる。
 答え:○
 解説:匿名組合契約は匿名組合員(出資者)と実際の事業の営業者とが、事業から生じる損益の分配を約する契約です。出資金は営業者に帰属し、営業者は自己の権限で事業を行います。要は、出資者は会社の一部の事業だけへの投資しているのです。映画会社がよく使う手法です。商法536条を見て下さい。

5.匿名組合契約が終了したときは、営業者は匿名組合員に対してその出資の価額を返還しなければならず、出資が損失によって減少した場合には、営業者は、その減少額をてん補して匿名組合員に出資の価額を返還する義務を負う。
 答え:×
 解説:商法を知っているとか知っていないとかの次元の話ではありません。もし、この文が「正しい」とすれば、出資者(匿名組合員)にはリスクがなかったということになります。「事業で儲かった時は利益分配が貰えて、事業で損した場合でも出資金の元本は戻って来ます」というような“うまい話”はありません。
 それに、この文のようなことをしなければならないとなれば、出資された営業者は単純にツライです…。
 商法542条を見て下さい。
美しき麗しき日々(DVD付)

6.運送品の全部または一部が滅失した場合において、それが不可抗力によるものであるときは、運送人は、運送費の全額を請求することができる。
 答え:×
 解説:「運送人」は「物品または旅客の運送を業とする者」で、「荷送人[にそうにん]」は「運送人に物品の運送を依頼する者」です。
 不可抗力といえども、運送人は運送賃を請求できません。すでに運送賃を受け取っている場合は返還しなければなりません
 でも、運送品の性質や荷送人の過失によって滅失した時は運送人は運送賃を請求できます
 商法576条を見て下さい。
告白(初回生産限定盤)(DVD付)

7.貨物引換証により運送品を受け取るべき者に貨物引換証を引き渡したときは、その引き渡しは、運送品の上に行使する権利の取得について、運送品の引渡しと同一の効果を有する。
 答え:○
 解説:貨物引換証とは運送人が運送品を受け取ったことを承認し、かつこれを権利者に返還すべきことを約する証券(運送品返還請求権を表章する有価証券。海上運送では船荷証券)です。船荷証券とかって、日商簿記2級とかの勉強をしたことのある人ならお馴染みかも…。法律上当然の指図証券です。
 運送中の物品は運送人の占有下にあるので、所有者がこれを売却とか質入はしにくいという難点がありました。これを克服するために貨物引換証が生まれたのですが、現実的には交通網の整っている現在は陸運とかではあまり利用されてなさそうな気がする。
 貨物引換証の発行は、運送人が荷送人の請求に基づいて作成・交付します。請求するかどうかは荷送人の自由で、請求できるのは運送品の引渡後です。
 商法575条を見て下さい。
9nine(初回生産限定盤A)(DVD付)

8.貨幣、有価証券、その他の高価品の運送については、荷送人が運送を委託するにあたって高価品の種類および価額を明告した場合でなければ、運送人は、運送品の滅失、毀損または延着について損害賠償の責任を負わない。
 答え:○
 解説:高価品に関する運送人の損害賠償責任については、商法578条を見て下さい。
 何をもって「高価品」とするのかが争われた事件がありました。「大型の機械」が「高価品」であるのかどうかの争いです。最高裁は「高価品とは容積または重量の割りに著しく高価な物品」 と定義して、「大型の機械は商法578条の高価品ではない」としました…。

(参考:明告なしでも損害賠償してもらえるであろうケース)
 「運送を引き受けた時点で、運送品の内容等を運送人が知っていた場合には、明告しなかったとしても、運送人は賠償責任を負う(裁判上はこの意見が多い)」
 「運送人又はその使用人が故意または重過失により運送品を滅失させた場合には、運送人は578条にかかわらず、高価品としての損害賠償責任を負う」
僕と花

9.商法上の仲立人とは、他人間の商行為について、代理または媒介をなすことを業とする者である。
 答え:×
 解説:媒介をなすが、代理はなさない。商法543条を見て下さい。
フミナップル! [DVD]

10.商法上の問屋とは、自己の名をもって、他人のために物品の販売または買入をなすことを業とする者である。
 答え:○
 解説:その通りです。商法551条を見て下さい。
中村静香 しーコレ~Super Extra [DVD]

商法
(匿名組合員の出資及び権利義務)
第536条
1.匿名組合員の出資は、営業者の財産に属する。
2.匿名組合員は、金銭その他の財産のみをその出資の目的とすることができる。
3.匿名組合員は、営業者の業務を執行し、又は営業者を代表することができない。
4.匿名組合員は、営業者の行為について、第三者に対して権利及び義務を有しない。

(匿名組合契約の終了に伴う出資の価額の返還)
第542条
匿名組合契約が終了したときは、営業者は、匿名組合員にその出資の価額を返還しなければならない。ただし、出資が損失によって減少したときは、その残額を返還すれば足りる。

第543条
仲立人トハ他人間ノ商行為ノ媒介ヲ為スヲ業トスル者ヲ謂フ

第551条
問屋トハ自己ノ名ヲ以テ他人ノ為メニ物品ノ販売又ハ買入ヲ為スヲ業トスル者ヲ謂フ

第575条
貨物引換証ニ依リ運送品ヲ受取ルコトヲ得ヘキ者ニ貨物引換証ヲ引渡シタルトキハ其引渡ハ運送品ノ上ニ行使スル権利ノ取得ニ付キ運送品ノ引渡ト同一ノ効力ヲ有ス

【運送品滅失と運送賃】
第576条
1.運送品ノ全部又ハ一部カ不可抗力ニ因リテ滅失シタルトキハ運送人ハ其運送賃ヲ請求スルコトヲ得ス若シ運送人カ既ニ其運送賃ノ全部又ハ一部ヲ受ケ取リタルトキハ之ヲ返還スルコトヲ要ス
2.運送品ノ全部又ハ一部カ其性質若クハ瑕疵又ハ荷送人ノ過失ニ因リテ滅失シタルトキハ運送人ハ運送賃ノ全額ヲ請求スルコトヲ得

第578条
貨幣、有価証券其他ノ高価品ニ付テハ荷送人カ運送ヲ委託スルニ当タリ其種類及ヒ価額ヲ明告シタルニ非サレハ運送人ハ損害賠償ノ責ニ任セス

第594条
1.旅店、飲食店、浴場其他客ノ来集ヲ目的トスル場屋ノ主人ハ客ヨリw:寄託ヲ受ケタル物品ノ滅失又ハ毀損ニ付キ其不可抗力ニ因リタルコトヲ証明スルニ非サレハ損害賠償ノ責ヲ免ルルコトヲ得ス
2.客カ特ニ寄託セサル物品ト雖モ場屋中ニ携帯シタル物品カ場屋ノ主人又ハ其使用人ノ不注意ニ因リテ滅失又ハ毀損シタルトキハ場屋ノ主人ハ損害賠償ノ責ニ任ス
3.客ノ携帯品ニ付キ責任ヲ負ハサル旨ヲ告示シタルトキト雖モ場屋ノ主人ハ前二項ノ責任ヲ免ルルコトヲ得ス

第595条
貨幣、有価証券其他ノ高価品ニ付テハ客カ其種類及ヒ価額ヲ明告シテ之ヲ前条ノ場屋ノ主人ニw:寄託シタルニ非サレハ其場屋ノ主人ハ其物品ノ滅失又ハ毀損ニ因リテ生シタル損害ヲ賠償スル責ニ任セス

行政書士受験ブログランキングを1日1回クリックしていただければ有難いです。
行政書士試験は諦めずに勉強し理解さえすれば、初学者であろうとなんであろうと合格できます。たとえ、それが2ヶ月や3ヶ月とかの短期間であろうとも。1ヶ月ならさすがにツライけど…。

商法・会社法の練習問題... この記事を含む前後5つの記事  にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ FC2タグ : 場屋営業 物品運送 匿名組合 商法

これらの書籍が参考になります

おすすめ商品

Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A
Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW

GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/20-0391af85
Listed below are links to weblogs that reference
場屋営業、匿名組合、物品運送等に関する問題 from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > 商法・会社法の練習問題 > 場屋営業、匿名組合、物品運送等に関する問題

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。