Home > スポンサー広告 > 精神的自由権に関する問題

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/4-5bddadc2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > スポンサー広告 > 精神的自由権に関する問題

Home > 憲法の練習問題 > 精神的自由権に関する問題

精神的自由権に関する問題

スポンサードリンク

精神的自由権に関する次の記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものはどれですか。

1.憲法19条の「思想及び良心の自由」は、「信教の自由」(20条1項)の保障対象を宗教以外の世俗的な世界観・人生観等にまで拡大したものであるため、信教の自由の場合と同様に、固有の組織と教義体系を持つ思想・世界観のみが保護される。

2.謝罪広告の強制は、名誉を毀損した者に対する制裁であり、本心に反して事の是非善悪の判断を外部に表現させるものとはいえないとして合憲とした。

3.憲法の政教分離規定は、国家が宗教とのかかわり合いをもつことを全く許さない趣旨ではない。

4.市民会館のホールの定員を上回る集会が予定された場合、定員を上回ることを理由としてそのホールの使用を拒否することは、憲法21条(集会・結社・表現の自由)に違反する。

5.報道機関の報道は、国民が国政に関与するための重要な判断の資料を提供し、国民の知る権利に奉仕するものであるから、取材の自由が公正な裁判の実現のために何ら制約を受けることはない。

 ちょっと迷わせる選択肢にしてみました。

スポンサードリンク


【解説】
選択肢1 ×
 【憲法19条の「思想及び良心の自由」は、「信教の自由」(20条1項)の保障対象を宗教以外の世俗的な世界観・人生観等にまで拡大したものであるため、信教の自由の場合と同様に、固有の組織と教義体系を持つ思想・世界観のみが保護される。】
 思想・世界観だけが保護されるのではなく、主義や主張等の個人的な精神作用も保護されるので妥当ではない。

【憲法19条】
思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
【憲法20条】
1.信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2.何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3.国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。


選択肢2 ×
 【謝罪広告の強制は、名誉を毀損した者に対する制裁であり、本心に反して事の是非善悪の判断を外部に表現させるものとはいえないとして合憲とした。】
 これは間違ってなさそうに見えますね。もう一度、下線部をよく読んでみて下さい。
 「本心に反して~いえない」と「本心に反していないから」と限定してしまっているのがマズイんです。「本心に反してしまっていようと合憲」なのですからこの選択肢は妥当ではありません。

選択肢3 ○
 【憲法の政教分離規定は、国家が宗教とのかかわり合いをもつことを全く許さない趣旨ではない。】
 少し迷いますね。日本に住んでいる限り、無宗教であることは不可能に近いです。個人の場合、寺とか神社とかに若干なりともかかわりがあります。国家も同じで全くかかわりを持たないのことは不可能に近いので、多少は許してくれるのですから妥当です。

選択肢4 ×
 【市民会館のホールの定員を上回る集会が予定された場合、定員を上回ることを理由としてそのホールの使用を拒否することは、憲法21条(集会・結社・表現の自由)に違反する。】
 これは管理目的からくる規制がどういう扱いになるのかということを質問されている訳です。結論としては、管理目的という正当な理由がある制限なので憲法21条に違反しませんから妥当ではありません。
 これは公の施設の話でした。
 では、私人が所有する建物に「政治的集会をしたいから貸して下さい。人数は10人です。」と言ってきた人がいた場合はどうなるでしょうか。
 建物は10人以上を余裕で収容できる。
  ↓
 正当な理由も特にないし断ることができないんじゃないか…
  ↓
 いえいえ、そんなことはありません。当たり前の話ですが断れます。
 建物の所有者には誰に使用させるかの自由がありますし、集会に使用させないといけないという義務も当然ありません。
 そもそも私人間に憲法21条がそのまま適用されることはありません

【憲法21条】
1.集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2.検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。


選択肢5 ×
 【報道機関の報道は、国民が国政に関与するための重要な判断の資料を提供し、国民の知る権利に奉仕するものであるから、取材の自由が公正な裁判の実現のために何ら制約を受けることはない。】
 公正な裁判の実現のためには取材の自由はある程度制限されることはやむを得ませんので妥当ではありません。
行政書士試験は諦めずに勉強し理解さえすれば、初学者であろうとなんであろうと合格できます。たとえ、それが2ヶ月や3ヶ月とかの短期間であろうとも。1ヶ月ならさすがにツライけど…。

憲法の練習問題... この記事を含む前後5つの記事  にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ FC2タグ : 憲法19条 憲法20条 憲法21条 精神的自由権

これらの書籍が参考になります

おすすめ商品

Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A
Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW

GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/4-5bddadc2
Listed below are links to weblogs that reference
精神的自由権に関する問題 from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > 憲法の練習問題 > 精神的自由権に関する問題

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。