Home > スポンサー広告 > 行政手続法の重要部分を覚える(1回目)

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/78-7da6f852
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > スポンサー広告 > 行政手続法の重要部分を覚える(1回目)

Home > 行政法の学習法 > 行政手続法の重要部分を覚える(1回目)

行政手続法の重要部分を覚える(1回目)

スポンサードリンク

このカテゴリでは、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、地方自治法のことを書いていく予定です。

行政組織、行政行為、行政強制・行政罰、情報公開制度(行政法で出るのか一般知識で出るのか不明)、損害賠償・損失補償は覚えにくい部分ではないので省きました。

1日の勉強として覚えるべき部分を以下のように区切ります。
*****ここから*****

覚えるべき内容

*****ここまで*****

1日で覚えるべき知識量はとても少ないので確実に覚えて下さい。

では、行政手続法から早速始めましょう!

スポンサードリンク


まず、行政手続法って何ですかね?

行政の手続に関する透明性の向上が行政手続法の目的です。それまで、行政と国民との間の手続的な事はブラックボックスだったので、透明性を確保しようってことでこの法律ができました。

本題に入りましょう。

*****ここから*****

行政書士六法(平成24年対応版 行政書士受験六法国家試験合格のための行政書士六法〈2012年版〉行政書士試験六法〈2012年度版〉2012年版 行政書士新六法 (QP books)等)とテキストを用意して下さい。

1条に目的等が書かれています。

行政運営における公正の確保と透明性の向上を図り、国民の権利利益を保護を目的にしているんだな…。

そして、行政手続法の対象は「処分」「行政指導」「届出」「命令等を定める手続(命令等制定)」なんだな…。
この4つ以外は対象外なので、「行政上の契約」や「行政計画」は対象外ということになります。

行政手続法は対象となる4つのことに関する一般法であって、他の法律に定めがあれば特別法たるそっちを優先する。

まず、ここまでを目を閉じ、目的は「公正の確保と透明性の向上で国民の権利利益を保護」で、対象は「処分・行政指導・届出・命令等制定」で「その4つに関する一般法なんだ」と頭の中で何度も思い浮かべて下さい。

たかが、この程度の内容でも「行政手続法で正しいものはどれか?」という問題があったとして、「行政手続法の規律対象は処分・行政計画・届出・命令等制定である」という選択肢があれば、それを除外できる実力が身に付いたことになります。

確実に覚えられたら、次に進みます。

2条の定義を見ておきたいところですが、先に3条を見て下さい。

「処分」「行政指導」「届出」「命令等制定」が対象と覚えたのですが、その全てが対象ってことではないんです(適用除外があります)。
そのことが、3条に書かれています。
処分と行政指導に付いて書かれている「3条1項1~16号」を覚えて下さい。
といっても、覚えにくいので、「国会系のこと」「学校系のこと」「刑事事件や刑務所系のこと」…といった感じで大まかに分けて覚えると覚えやすいです。

ちゃんと覚えてなくても、現実的には「これは適用除外だろう」と勘で解けてしまうのですが、行政手続法3条1項10号15号16号はすごく重要なので絶対に覚えておいて下さい

3条2項も一応覚えておいて下さい。

そして、重要なのは3条3項です。
地方公共団体の行う処分・届出などに適用されるのか適用されないのかが書かれています。

絶対に覚えて下さい!
▼▼▼重要▼▼▼

「処分・届出」
法律に基づいて行われるもの→適用される
条例・規則に基づいて行われるもの→適用しない

「行政指導・命令等制定」
法律に基づこうが条例・規則に基づこうが適用しない

覚えにくい場合は、「2文字のやつは法律と条例・規則で違いがあるんだな。それ以外は逆だな。」あるいは「2文字じゃないやつは適用しないんだな。それ以外は逆だな。」という感じで覚えてみてはいかがでしょう。逆に面倒かもしれないけど。。。

▲▲▲重要▲▲▲

4条は「国の機関や地方公共団体、地方公共団体の機関に対する処分などは行政手続法の適用除外です。」という当たり前のことを書いているだけです。

ここまでを目を閉じ、頭の中で何度も思い浮かべて下さい。3条1項は大まかな分類として覚えておく程度でも問題を解くにあたり、支障はないのでその程度の覚え方でもなんとかなります。

*****ここまで*****

行政手続法は覚えるべき量は少ないのですが、2~4問程度が出題されるので、必然的に似たような問題ばかりが出題されています。
行政不服審査法も行政事件訴訟法も基本的には似たような問題ばかり出題されていますが、出題する側も問題作成に苦慮して「行審法では規定されているが、行訴法では規定されていない」細かい部分を問う問題等を出すこともあります。ちょっと、厄介です。

今回は1日で覚えるべき量を書きましたが、次回からは2日で覚えるべき量の記事を書く予定です。
行政書士試験は諦めずに勉強し理解さえすれば、初学者であろうとなんであろうと合格できます。たとえ、それが2ヶ月や3ヶ月とかの短期間であろうとも。1ヶ月ならさすがにツライけど…。

行政法の学習法... この記事を含む前後5つの記事  にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ FC2タグ : 行政手続法 行政法 勉強法

これらの書籍が参考になります

おすすめ商品

Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A
Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW

GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/78-7da6f852
Listed below are links to weblogs that reference
行政手続法の重要部分を覚える(1回目) from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > 行政法の学習法 > 行政手続法の重要部分を覚える(1回目)

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。