Home > スポンサー広告 > 行政手続法の重要部分を覚える(3回目)

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/81-57a5f2ae
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > スポンサー広告 > 行政手続法の重要部分を覚える(3回目)

Home > 行政法の学習法 > 行政手続法の重要部分を覚える(3回目)

行政手続法の重要部分を覚える(3回目)

スポンサードリンク

前回の記事で行政手続法の31条までは一通り学習できましたか。

*****ここから*****

行政書士六法(平成24年対応版 行政書士受験六法国家試験合格のための行政書士六法〈2012年版〉行政書士試験六法〈2012年度版〉2012年版 行政書士新六法 (QP books)等)とテキストを用意して下さい。

行政手続法32~36条に行政指導について書かれています。

行政指導は「行政機関がその任務又は所掌事務の範囲内において一定の行政目的を実現するため特定の者に一定の作為又は不作為を求める指導、勧告、助言その他の行為であって処分に該当しないもの。」です。
行政指導は、指導、勧告、助言などによって行政目的の実現を図ろうとするものです。処分ではないので、強制力(法的拘束力)がなく、指導される側(国民)の任意の協力で達成されます。

行政指導は、必ずしも法律の根拠を必要としません

▼重要▼
よく問題として出るのは、「行政指導は、相手方に強制力を用いて服従させる法的拘束力を有している」とか「相手方が行政指導に従わない時は、不利益な取り扱いをしてもいい」とか「行政指導の相手方に必ず書面で示さなければならない」とか「行政指導は必ず法律の根拠を必要とする」とか… ウソ選択肢のパターンが大体決まっています。

「行政指導に従わない場合は、不利益な取り扱いをしてはいけない」のですが、「行政指導に従った相手方に対して、助成をするなどの相手にとって利益になる取り扱いはしてもいい」ので、こういうのが今後出題される可能性はありますので、覚えておいて下さい。
▲重要▲

届出(37条)と意見公募手続等(38~45条)と補則(46条)は、面倒な問題が出ることはまずないので、「条文読み・過去問演習・練習問題を少し解く」程度の勉強でOKです。

これで行政手続法で覚えることは終了です。

*****ここまで*****

覚えているかどうか確認のため、穴埋め問題を解いて下さい。

スポンサードリンク


行政手続法の復習がてらに解いてみて下さい。

【行政手続法の復習問題】

行政手続法は[ 処分 ][行政指導][ 届出 ][命令等制定]に関する事項について書かれています。

国会の両院もしくは一院又は議会の議決によってされる処分は適用除外ですか?
適用除外

地方公共団体の機関がする[ 処分 ]と[ 届出 ]は、法律に基づくものであれば適用されるが、条例・規則に基づくものであれば適用されない。

申請に対する処分で、義務であるのは[審査基準の設定][審査の開始][理由の提示]です。それ以外は努力義務と覚えればいいのです。

申請により求められた許認可等を拒否する処分は不利益処分?
いいえ

不利益処分のうち、[聴聞]は口頭審理主義を採りますが、[弁明]は書面審理主義が原則です。

緊急の必要から意見陳述の手続を執ることができないといは、意見陳述のための手続自体が不要となるので、[聴聞]の場合も[弁明]の場合も省略され得るということです。

聴聞の通知をするのは誰ですか?
行政庁

補佐人が当事者(本人)に代わって単独で聴聞期日に出頭するのはいいのですか?
ダメです

主宰者が作成する聴聞の審理の経過を記載した書類を[ 調書 ]といいます。

聴聞審理の結果、さらに聴聞を続行する必要があるとき、続行期日の指定は[主宰者]がします。

行政指導は行政機関の任務または所掌事務の範囲を逸脱して行ってもよいことになっていますか?
[ いいえ ]

意見公募手続は外国人の意見は考慮してもいい?
[ いい ]

行政手続法・行政不服審査法・行政事件訴訟法は苦手な人も多いかもしれませんが、覚える量としては少ないので覚えてしまえば、この3分野は得点源にしやすいです。地方自治法は問題によっては少々厄介ですけど…。
行政書士試験は諦めずに勉強し理解さえすれば、初学者であろうとなんであろうと合格できます。たとえ、それが2ヶ月や3ヶ月とかの短期間であろうとも。1ヶ月ならさすがにツライけど…。

行政法の学習法... この記事を含む前後5つの記事  にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ FC2タグ : 行政法 行政手続法 行政指導 意見公募手続

これらの書籍が参考になります

おすすめ商品

Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A
Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW

GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/81-57a5f2ae
Listed below are links to weblogs that reference
行政手続法の重要部分を覚える(3回目) from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > 行政法の学習法 > 行政手続法の重要部分を覚える(3回目)

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。