Home > スポンサー広告 > 民法 債権1 債権者代位権など

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/95-b2339493
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > スポンサー広告 > 民法 債権1 債権者代位権など

Home > 民法(債権)の問題演習 > 民法 債権1 債権者代位権など

民法 債権1 債権者代位権など

スポンサードリンク

債権者代位権に関する次の記述で正しいものはどれ?
1.債権者代位権は、離婚請求権も代位権行使の対象となる。
2.金銭債権について、債権者は自己の債権額を超えて債権者代位権を行使できる。
3.特定物に関する債権を保全するために、債権者代位権を行使する場合は、債務者が無資力である必要がある。
4.債権者の有する債権の弁済期が到来していない場合であっても、債務者が第三債務者に対する債権の時効中断を裁判外で代位行使できる。
5.AはBの債権者である。BはCの債権者である。Aが、BがCに対して有する債権を代位行使するとき、C(第三債務者)はBに対して対抗することができた事由があっても、これをもってAには対抗できない。

スポンサードリンク


債権者代位権(民法423条)は重要です。詐害行為取消権(民法424条)とセットで覚えておくといいです。

(債権者代位権)
第423条
1.債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の一身に専属する権利は、この限りでない
2.債権者は、その債権の期限が到来しない間は、裁判上の代位によらなければ、前項の権利を行使することができない。ただし、保存行為は、この限りでない


では(1)の肢から見ていきましょう。
民法423条1項ただし書に、「一身に専属する権利は債権者代位権の対象とならない」と書かれています。離婚請求権は一身専属権なので、この肢は誤りです。

では続いて(2)の肢です。
怪しさ丸出しの肢です。“自己の債権額を超えて”というのがウソっぽいですね。債権者が債務者に対する金銭債権に基づき債務者の第三債務者に対する金銭債権を行使しうるのは、自己の債務額の範囲内に限られるという判例がありますので、この肢は誤りです。

では続いて(3)の肢です。
債権者が特定物に関する債権を保全するため債権者代位権を行使するには、債務者が無資力であることを要しない(大判明43.7.6)ので、この肢は誤りです。

司法書士試験択一式問題集 1 民法 2013年受験用

では続いて(4)の肢です。
民法423条2項の但し書に「保存行為は、この限りでない。」とあります。つまり、「保存行為だったら債権の期限が到来していない場合でも裁判上の代位によらなくても代位できる」ということを言っているわけです。保存行為は基本的に「共有」のところでよく出て来ます。まぁ、別にそれはいいんですけど…。
保存行為とは「価値や機能を維持するための行為」です。債権者としてみれば、債務者の財産を現状維持しておきたいですね。債務者の財産を維持する行為(保存行為)を代位することは債権の期限が到来してなくても裁判外で出来るってことが、法律上認められているのです。
債務者が第三債務者に有する債権があって、債務者がほったらかしにしていて、その債権がもうすぐ消滅時効にかかってしまうヤバイ状況の場合、消滅時効が来ないように債務者の代わりに「早く弁済して下さい」と請求する行為(時効中断事由)も当然ながら保存行為にあたります
誰に損害を与えるような行為でもない、つまり「価値を維持するための行為」をしただけなので、裁判所の許可なんかなくても、債権者の判断で代位したけりゃ勝手にできるということです。
よって、この肢は正しいです。

では最後に(5)の肢を見ていきましょう。
CがBに対抗できる事由があるのであれば、AがBの債権を代位行使してきた場合でも、これを「ナメとんかい、コラァ!」とAに対抗することができます。よって、この肢は誤りです。

以上のことから、正解は4です。

多少なりとも「役に立ったぞ」という人はランキングをクリック!

なんとなく似た雰囲気を醸し出している(?)かもしれない、詐害行為取消権も要チェックです。
行政書士試験は諦めずに勉強し理解さえすれば、初学者であろうとなんであろうと合格できます。たとえ、それが2ヶ月や3ヶ月とかの短期間であろうとも。1ヶ月ならさすがにツライけど…。

民法(債権)の問題演習... この記事を含む前後5つの記事  にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ FC2タグ : 民法 債権 債権者代位権 詐害行為取消権

これらの書籍が参考になります

おすすめ商品

Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A
Panasonic メンズシェーバーラムダッシュ 5枚刃 青 ES-LV70-A

THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ダークブラウン JMY-501 DBW

GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004
GODOX RING 48 マクロLEDリングライト 034004

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://gyoseisyoshi1.blog.fc2.com/tb.php/95-b2339493
Listed below are links to weblogs that reference
民法 債権1 債権者代位権など from 基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ

Home > 民法(債権)の問題演習 > 民法 債権1 債権者代位権など

タグクラウド
ランキング参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

行政書士受験応援

Author:行政書士受験応援
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

Return to page top

WEBパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。